Accessibility links

ソロ公演

『帰郷』(2022)


Homecoming

多様化し、分裂し、浪費が進む世界で、「ホーム」とは何か、そこへ帰ることはできるのか。

この公演は2022年5月21日・22日に東京で開催され、2022年5月28日・29日に48時間オンラインストリーミングで配信される予定です。

【舞台監督】呂 師
【照明】宇野敦子
【音響】高松真樹子
【舞台サポート】亜弥
【映像撮影】たきしまひろよし

【主催】舞バーンズ
【協力】NPO法人ダンスアーカイヴ構想

詳しくはホームページをご覧ください。

『Present Sea』(2017)



会場:東京新宿駅、8:30am
出演・コンセプト:舞バーンズ(クレジット:Taz Burns)
映像・編集: 山家仁
サブカメラ:金景雲

『Red Shoes』(2015)



会場:Castle Park と St Nicholas’ Market(英国・ブリストル、2015)
「IPA Bristol」のために制作された作品です。

『Red Shoes』は、奴隷貿易港であったブリストルの歴史と、その主要拠点であった「The Exchange」(現在は人気の高いセント・ニコラス・マーケットの一部)に影響を受けたサイト・レスポンシブな作品です。2日間にわたり2つのスペースで上演されたこの作品は、消費主義、抑圧、脆弱性といった無言の搾取を探求しています。

写真:Jürgen Fritz・Andrea Greenwood

『Fragments』(2015)


『Fragments』は、修士論文とともに発表した、歴史と記憶への探求の作品です。自分自身の日本の家系を出発点とし、地球の反対側にある異文化の一部であることの意味を探り、客観的な真実に到達することができない以上、過去を理解することの重要性を問う。


会場:Klub Ciglana(セルビア・ベオグラード、2015)
写真:Irina Khakimova・Sunčica Milosavljević
映像編集:舞バーンズ